ドッグフードの保存方法の大切さと一般的な保存事情

ドッグフードの保存方法

正しくドッグフードを保存しないとどうなるのでしょうか?

正しくドッグフードを保存しないと、味がおちるだけでなくワンちゃんの健康にもよくありません。

ドッグフードには動物性脂肪や、ドライフードの場合ですと揚油などの油分も多く、保管を間違えると賞味期限内でも劣化しやすくなります。酸化した油は、細胞の衰え、アレルギー、動脈硬化、心筋梗塞、がんの原因につながってしまうのです。


ドッグフードの保存事情についてお調べしました

フードコンテナ、密封保存の容器、ジップロックに保存し、シリカゲルなどの除湿剤も入れるという方が多くいました。アマゾンドットコムでも、実際除湿剤や、大きめのフードコンテナは人気で多くの方が購入していることもわかります。

その他に、食べきる量だけを購入する、冷暗所に常温保存する、お湯で油を落としてから保存するといった工夫をしている方もいました。

場合別でしっかりと!ドッグフードの正しい保存方法


それでは、正しい保存方法を確認していきましょう。

  • ドライフードの保存方法
①開封したら封はきっちりとする

使い切るまで数ヶ月かかる時は、しっかりと封をして保存しましょう。小分けして密封保存をすれば、開封の回数を減らせて酸化を抑えることもできます。


②高温多湿の場所には置かない

ドライフードは湿気を吸収しやすく腐りやすいです。暑い場所で保存をするとさらに腐りやすくなり、虫が繁殖してしまうこともあります。なるべく湿度の低い冷暗所で保存しましょう。


③直射日光を避ける

直射日光が当たるとドッグフードの酸化が速くなります。酸化防止剤や保存料が含まれているものでも、長時間日光に当てるとドッグフードはどんどん酸化していきます。


④常温保存が良い

ドライフードは冷蔵庫に入れず、常温保存をした方が良いです。なぜかというと、冷蔵庫から出し入れする際に温度差で、容器内が結露し、カビなどを発生させる原因となるからです。


  • ウェットタイプの保存方法
①開封後は冷蔵保存

酸化防止剤などが使用されているものでも、水分量が多いので開封後に常温で放置していると腐りやすくなります。したがって、ウェットフードは開封後、必ず冷蔵庫で保存しましょう。


②開封後は早めに使い切る

冷蔵保存をしても、ウェットフードは日持ちがしません。1日で使い切るのがベストですが、なかなか使い切れないという時は冷蔵庫に入れ、なるべく早く使い切りましょう。開封後は、密閉できる容器に入れておくと良いでしょう。


未開封の在庫がある場合の保存方法

まず在庫管理をこまめにすることが大切です。無駄にならない量を購入しておくことをおすすめします。

目安は今使用しているドッグフードと、もう一つ在庫があるぐらいがベスト。そして、未開封のものは冷暗所にて保存しましょう。賞味期限にも気を付け、早めに使い切るのが大切です。


  • カナガンの保存方法

安心・安全のおすすめNo.1ドッグフード「カナガンドッグフード」の保存方法をご紹介します。カナガンは、有害な人工保存料は使用していません。

その代わりに、ハーブやビタミンEが配合されています。また、保存しているパッケージは厚みがあり硬みをつけることで空気中の菌が入り込むのを防ぎ、日光の影響によるドッグフードの劣化が防止されています。したがって高温多湿を避け、常温保存で3カ月まで日持ちはします。

しかし、カナガンはパッケージにジッパーついていないので、どのようにして保存をすれば良いのでしょうか?おすすめは、ジッパー付きビニール袋に小分けにして入れることです。袋を開封する回数も減るため、酸化を防止できます。

徹底的にドッグフードの酸化を防止!オススメの真空容器3選


徹底的にドッグフードを密封したいという方に、油脂の酸化を防止できるおすすめの真空容器を3つご紹介します。

①ナチュラルハーベスト 真空フードストッカー Lサイズ

1.8kgのドライフードが真空保存可能です。付属のポンプを使用し、容器内を完全密封します。大きなサイズのドッグフードの保存や、高温多湿の季節などの保存にも最適です。


②クルール ココキーパー

電池でワンプッシュ。ドッグフードを真空状態にできます。容器は2L・3.5L・5L・10Lと種類も多く、本体とフタは分解できるためお手入れがしやすいです。真空時間は24時間ですので、ご飯の度に毎回プッシュするようにしましょう。


③エアレス 真空ストッカー お得セット

専用の真空容器と真空パックにエアレス本体を設置したらスイッチを押して、容器内を真空状態にします。シンプルなデザインで置く場所も選ばず、おやつ用として使用するのがおすすめです。


真空容器を使用することで、かなり安心してドッグフードを保存することが出来ます。愛犬の健康を考えたとき、真空容器の保存が最もおすすめです。